茅ヶ崎・審美的歯科治療ガイド

予約優先
0467396926

インプラント

歯を失った箇所を補う治療法です。

歯を失った部分の顎の骨にチタン製の人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工歯を被せる治療法です。健康な隣の歯を削ったりすること無く、噛む機能を回復できるので残った自分の歯を守るのに非常に効果的です。

ただし、もしまだ歯が完全に抜けておらず、残せる可能性がある場合は、容易にインプラントをお薦めすることはありません。あくまでも大切な自分の歯を守るための治療として取り入れています。

また、当院では高度インプラントセンタ―とも提携し、難易度の高いケースでも対応できるよう体制を整えております。

当院のインプラント治療

精密なシミュレーション

当院では、ノーベルクリニシャンというシミュレーションシステムを用いて、インプラントの埋入位置や角度、深さなどを精密にシミュレーションした上で、手術を行います。

まず、骨の密度や厚み、神経の位置などを把握するためにCTを撮影しますが、その差異にサージカルステントというガイドになるものを作製します。これは、インプラント治療後に装着する人工歯を模型上で再現したものです。ステントを用いて撮影したCTデータをより詳しい診査、シミュレーションができる「ノーベルクリニシャン」を用いて骨や神経、血管、周囲の歯との位置関係を把握したうえで、理想的位置、深さ、角度にインプラントを埋入できるか検討していきます。

画像上に実際の大きさのインプラント像が表示されるので、より具体的に診断することができます。CT画像だけに比べ、精度の高いシミュレーションができるため、安全かつ確実にインプラント手術を行うことができます。

優れた審美性を実現

画像をご覧ください。どの歯がインプラントか分かりますか?

当院では、インプラントの上にかぶせる人工歯にセラミックを採用しています。光の透過性があり、色も自由に調整できます。ただ白く綺麗にするのではなく、周囲の歯に溶け込むように細かく調整しています。金属部分が見えることもなく、誰が見ても本物の歯のように自然に再現できます。

こちらの赤線で囲われた歯がインプラントです。分かりましたでしょうか?

このように、当院のインプラントは、周囲からほとんど気づかれないような、優れた審美性を実現します。

機能性の高いインプラント

インプラントに使われる人工歯は、セラミック製のため劣化に強く、虫歯にもなりません。セルフケアと定期検診の受診をしっかり続けることで、長期にわたって自分の歯と同じように噛むことができます。

またインプラントは、抜けた箇所の骨に直接埋め込み支えるため、周りの歯を傷つけることはありません。

さらに、インプラントは顎の骨としっかり結合し、自分の歯のように噛めるため、顎へ刺激が伝わり、顎がやせてしまうということがありません。若々しい顔の骨格を保つことができます。

治療の流れや
お支払いについてはこちら

医院案内

Clinic guide

診療時間
  • ※火曜・祝日休診
  • ※勉強会などにより、臨時休診になる場合がございます。
    事前にお知らせ欄か直接お電話にてご確認の上、ご来院ください。

アクセス案内

ページトップへ戻る